ポケモンGO速報〜世田谷区・目黒区・大田区他〜

ポケモンGOの東京ローカル情報を発信(自由が丘・田園調布・二子玉川他)

【ミニリュウ獲得数・確率】今後につなげるポイント【色違いミニリュウ進化過程】

ミニリュウが大量発生した今回の「ポケモンGO コミュニティ・ディ」はサーバーの不具合などがあり、12:00〜15:00までの開催時間を急遽3時間延長して、18:00までの開催となりました。


ネット上で期待された色違いポケモンであるピンクのミニリュウも見事出現しました。

今回のミニリュウ大量発生イベント、色違いポケモンの出現確率などをまとめます。


〜目次〜

実際のイベント開催内容

ポケモンGO コミュニティ・ディ


開催日時

  • 2018/02/24 12:00〜18:00(※当初15:00終了の予定が、急遽18:00までに延長)


開催内容

  • ミニリュウ大量発生
  • ほしのすな3倍
  • カイリューに進化させると特別な技「りゅうせいぐん」を覚える
  • ピンクのミニリュウ出現
  • ゲーム内でスペシャルボックス販売

コミュニティ・ディがスタートしてから、ポケモンGOが繋がらない、繋がりにくい、固まる、などのトラブルが起こり、事前告知されていた内容から急遽変更になった点がありました。


ピンクのミニリュウの出現確率は?

筆者はこの6時間の間に、225匹のミニリュウをゲットしました。

場所は世田谷区の上野毛、二子玉川ライズ、玉川高島屋。

どこもポケストップもジムも充実していて、普段からポケモンが大量に出やすい所です。


天候ブーストが装着される以前、通れば必ずミニリュウに出会える上野毛のとある場所でまずはスタートしました。

続いて二子玉川ライズで1時間半〜2時間過ごし、それ以降は玉川高島屋に移動しました。

ライズ。

捕まえても捕まえても出てきました。


タマタカ。

このように同じ場所にいても、常にひっきりなしにミニリュウが出てくる状態でした。

ポケストップも充実していたので、ボールが不足することもありませんでした。


6時間でのミニリュウ獲得数
○ 225匹


これは1時間に37.5匹
2分に1.25匹捕まえたことになります。

6時間中、2分に1.25匹を捕まえていたわけなので、こうして数字にしてみると、いかにミニリュウが大量に出現したかがわかります。


225匹のうち、ピンクのミニリュウは15匹。


確率は15匹に1匹。


15匹に1匹がピンクのミニリュウでした。


225匹の内、個体値がMAX値だったのは1匹(通常の青いミニリュウ)だけでした。


ピンクのミニリュウの進化過程

ピンクのミニリュウは以下のように進化します。

ピンクのミニリュウ。

ピンクのハクリュー。

緑色のカイリュー。

個人的には、ピンクのハクリューが一番美しく見えます。

ピンクのミニリュウは愛らしいフォルムですね。

緑色のカイリューは見た目の評判が悪いようですが、ピンク色だと女子ウケはしても迫力は失うかもしれません。


個人的には大変満足のいくコミュニティ・ディになりました。


今後につなげるまとめ

今後もコミュニティ・ディでは、このような普段なかなか出てこないポケモンや、出てくると嬉しいポケモンが大量発生する場合があることが予想されます。

限られた時間で効率的にポケモンを大量ゲットするために重要なことは、

  • 場所選び
  • 事前のアイテム補充

この2点であると実感しました。


場所選びは、

普段からポケモンが大量に出現する場所に行く。

そんな場所がなければ、ポケストップが3つ以上エリアに入っている場所で、全てのポケストップで桜を散らすのが良いかと思います。

エリアに入っていなくとも、近くに他にもポケストップが充実していて、ジムがあるとベターでしょう。



今後の課題も多くあるコミュニティ・ディ。

回を重ねるごとに改良されていくことを期待します。


読者登録はこちらから。